看護師と患者の円滑な人間関係構築について

看護師と患者さんが円満な関係を築くことができると、スムーズな治療が行えるようになる。しかし、その逆で関係が険悪であれば、いざという時に必要な治療を受け入れてもらえない。したがって、円満な関係にはコミュニケーションが欠かせないのだ。

ちなみに、コミュニケーションは必ずしも言葉だけで行うものではない。患者のケアをする時には、いきなり相手の体に触れてはビックリさせてしまいかねない。そのため、声掛けはもちろんだが、目線を合わせることも意識して、相手に心の準備をしてもらうようにする必要がある。それから、患者の表情をしっかり見ることも重要だ。全ての人が不安や体調の悪さを言葉で表してくれるとは限らない。そのため、相手の表情や行動などから、身体状況を判断をすることも看護師には求められるのだ。

そして、患者に何らかの説明をする時には、専門用語を多用していないかという点にも配慮しよう。医療関係者の間では日常的に使っている言葉であっても、一般の人にはよく知られていない医療用語が実はたくさんある。だから、専門用語はできるだけ控えて、誰にでもわかりやすい言葉を使い、患者が理解しやすいように話すことが大切だ。

看護師は、医療従事者の中で最も患者と接する機会が多い職業だ。だからこそ、信頼関係を重要であり、それを気づくためにはコミュニケーションが重視される。看護師の中には人と話すことが得意でない人もいるかもしれないが、そんな人もぜひ上記で挙げた点だけは注意してほしい。