患者の気持ちに沿ったコミュニケーションを!

患者と出来る限りコミュニケーションを取っていくことは、看護師にとって重要だ。特に入院患者は自分の病気や怪我のことで不安になっている場合が多く、早く退院したいという気持ちが強くなっているので、コミュニケーションを取って落ち着かせる必要がある。もし、患者とコミュニケーション不足に陥ってしまうと、患者の気持ちがわからないまま接することになってしまい、患者の要望に答えるられなくなる可能性がある。そのため、コミュニケーション不足にならないように注意したい。

そこで、上手く患者とコミュニケーションを取っていくためには、まずは看護師から積極的に話しかけていくことが大切だ。患者の中には、人と会話するのが苦手な人もいて、看護師に自分の気持ちを言えない人もいる。しかし、看護師から積極的に話しかけていけば、コミュニケーションが苦手な患者も看護師に自分の気持ちを伝えやすくなり、看護師もまた、その気持ちを理解した上で看護業務ができるようになるだろう。

ただし、患者の気持ちを考えないで一方的に会話をしようとすると、患者の精神が余計に不安定になる可能性があるので注意しなければならない。そして、患者が何を考えているのか、どのような会話だとリラックスできるのかを慎重に考えるようにしよう。このように、患者とコミュニケーションを取ることは簡単ではないが、看護師は患者を安心させることも仕事の一つなので、円滑なコミュニケーションを取る努力をしなければならない。