地方ならではの方言のすゝめ

ある人がふと口に出する方言は、その人の出身がどこであるかを知る材料になる。また、ドラマや漫画では、登場人物が方言を使うことで、それぞれのキャラクターをより色濃く表現することにも効果を発揮しており、イメージづくりにも役立っている。そのため、いつもは標準語で話している人がたまに方言で話しかけてくると、今まで以上に親しみを感じたり、場を和ませることがあるようだ。方言は、標準語ほどスマートではないが、シーンに応じて使い分けると、意外とコミュニケーションを円滑にきっかけになるかもしれない。

尚、このようなことは、逆の立場でも同様だ。たとえば、首都圏から地方に転勤した場合には、標準語から方言にシフトすることで、周囲に馴染みやすくなる。最初は慣れない言葉を使うことに抵抗を感じるかもしれないが、意識して話すようにしていれば、会話の随所に自然に方言を交えられるようになるだろう。

よそから来た人が地域の言葉を話すようになると、それだけで人間関係における距離感はグッと近づくはずだ。そのため、「周囲の環境に早く馴染みたい」「1日も早く円滑な人間関係を築きたい」というときには、できるだけ方言を交えて話すことをおすすめしたい。「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、周りに溶け込もうとする姿勢を示せば、その思いはきっと伝わるはずだ。Web上には、地方転職者に向けて方言の魅力について語っているサイトがあるので、興味のある方はぜひ一読して、新しい一歩に役立ててほしい。